2011/02/19

情けない筋肉痛、50キロのうどん打ち

イベントの準備で、毎日約10キロのうどんを5日間打ち続ける。プロのうどん屋さんであれば当たり前の作業なんだけれど、慣れていないので腕に筋肉痛を覚えてしまった。な、情けない。しかし、うどんの捏ねは力がいる。コネ鉢の関係で3キロ単位で捏ねるのだけれど、汗が出て来る。こういう肉体労働は健康にはいいかも知れないが、かといって歩きまわらないから足腰は強化されない。こちらは別になにか運動が必要なのだが、うどんを打ち終わった後にまた運動する気にはなれない。

捏ねだけは機械にやってもらうと、だいぶ楽だろうなぁ・・・・・。(すぐに楽を考える。汗)

昨日の夕食にお手製の餃子で水餃子を作る。500gの餃子用の皮を作るが、500g単位の作業はまるで子供遊びだ。笑

2 comments:

  1. 玉キング2/19/11, 10:58 PM

    うどんのような麺類だけではなくて、餃子も作られるのですか!

    素晴らしい!!

    ReplyDelete
  2. 餃子ってパスタみたいなものだから、麺類のお友達ですよね。同じ理由でピザ生地とかも作ります。薄めの生地をカリッと焼くのが好きです。

    ピザ生地にはイーストを入れるので、それからパンに派生する気配がなきにしもあらずですが、まだそこまで離れません。麺打たなきゃいけないし。笑

    ReplyDelete