2011/03/05

交渉というのはやはり疲れる

ローザンヌの件はようやく相手が支払いに応じ、決着の方向に向かった。しかし、私も請求額のおよそ2割減の妥協を強いられた。私は相手が嘘をついていると思っているのだが、立証できない。さらに契約の不備で、相手側の現状を検査も出来ず、単に全てのライセンス情報を相手が破棄することを約束させることしかできなかった。しかし支払いを得る事が出来ただけでも良しとするべきか。

法律的な手段によって補償を得ると言う行為は、並大抵ではない。しかも法的経費は気が遠くなるほど高額と来ている。

相手の弁護士とのやりとりが4カ月続いた。言葉のハンデを抱えながら、法律の専門家とやりあえたのには、少し自己満足がある。しかし裁判まで見越し、私も少し弁護士のアドバイスを仰いだ。その弁護士は自分が矢面に立つと弁護費用がかさむだろうし、何千万円規模の案件でもないので、私が処理できる範囲では私が行い、それに関して助言するという形で助けてくれた。それは結構大変だったけれど、自分の身にもなったし、費用もかなり削減できたはずだ。良心的な弁護士だと感謝している。(私を貧乏人だと見越していた訳だが・・・汗)

一難去ってまた一難、またまたトラブルが発生。例のパンの件だ。一方的な損害は何としても食い止めなければならない。しかし、利害関係の衝突は大変なストレスを生む。出来ればそれは避けたかったのだが・・・。でも、現実はそうはいかないらしい。私の会計士が言ったことだが、お金は天から降ってはこないのだよ・・・。ほんとねぇぇぇ。でも、トラブル案件の交渉ってのは毎度疲れるよぉ。まぁ、自営業者の宿命かな。

5 comments:

  1. お疲れ様です。
    一難去ってまた一難ですか?
    2割減でも取れただけでも良しとしますか。
    だけど、全体経費を考えると最終的に
    何割減になるのですかねぇ。

    今度はパンですか?
    これ知らないなぁ(笑)
    私も自営業だからトラブルは多いのですが、
    のりさんはひょっとして
    「トラブルを作って楽しんでる派?」(爆)

    ReplyDelete
  2. うう、するどいご指摘。大汗

    トラブルってのは損害に他なりませんから、利益にはなりません。まったく損ばかりですわぁ。大涙

    トラブル好んで作る訳ないじゃぁないですかぁ。もういじめないでくださいよぉぉぉ。苦笑

    あ、ほれほれ、自営業のJeffさんもトラブル多いって、それ作って楽しんでいるんでしょ、もしかして。爆

    ReplyDelete
  3. 玉キング3/6/11, 12:30 AM

    のりさん

    色々ご不満や反省もおありだと思いますが、
    今後につながる貴重なご経験だと思います。
    のりさんご自身に限らず、このサイトを訪れる人にも意味のあるご健闘だったと思っています。
    僕もおおいに励まされ、刺激を受けました。
    海外に限らず、アウェーでも希望を持って奮闘している多くの人に。
    ありがとうございました。

    ReplyDelete
  4. もちろんトラブルは回避したいものです。
    でも、相手の出方や間違い方によっては
    どうしても突っ込んでいきたいものでもあります。
    そして、その解決方法や結果への
    プロセスと成果に関しては とてもやりがいのあるものになります。
    ですから、・・・・「好きです」(爆)

    まあ、のりさんと同類項だと認めておきましょう。

    ReplyDelete
  5. 玉キングさん
    諦めてはいけない、ということですよね。スイス人には負けない、その意気でこれからもがんばりたいと思います。

    でも、今かなり日本に帰りたいモードです。実際の所は。汗

    去年半年日本に帰った様に、今年も出来たらとは思っているのですが、世の中そんなに甘くはないでしょうねぇ。

    Jeffさん
    そうですか、同類項とお認めなさいましたかっ!笑
    トラブルが回避不能となって、やるときは、悔いを残さない様に徹底的にやる、ですよね。

    トラブルに妥協してしまうと、同じ過ちを繰り返す温床にもなりかねませんから、そうすることが、将来的なトラブル回避にもなると思います。うんうん。(自分で納得してどうするよ。笑)

    まぁ、トラブルが起きないということはあり得ない。一定の割合で必ず起こる。積極的に活動すればするほど、トラブルも多くなる。そう覚悟すべきでしょう。(残念ですが・・・)

    ReplyDelete